HomeSecurity.navigation.

空き巣の心理

対面してしまったら

あなたが買い物や旅行から帰ってきたとして、ドアを開けたとします。すると、奥のほうに怪しい人影、物音がする。このような時は、確かめに家の奥深く入り込んではいけません。必ず音を出さないようにして家や部屋から出て、周囲の人に助けを求めてください。空き巣は全神経を集中させて盗みに励んでいます。このようなときに不意に家人と対面した場合は、空き巣のほうもパニックになってしまいます。逃げればまだいいですが、万が一家人に襲い掛かり、最悪口封じの殺害ということにもなりかねません。特にマンションの2階以上の部屋では、ドアをふさがれたら袋のねずみなので逃げるよりも居直り化する危険性は大きいと言えます。金品を奪われるのは辛くとも、命を奪われては何にもなりませんから十分に気をつけましょう。

ホームセキュリティとは侵入対策ですが、侵入された泥棒に対面した際のことまでは想定されておりません。滅多に無いこととはいえ、空き巣に対面した時はとっさの判断が生死を分けると思います。

「居空き」の恐ろしさ

留守宅に入り込んで財産をさらうのが「空き巣」。人の居る家に押し込み、家人を脅して財産を奪うのが「強盗」です。このどちらにも当てはまらないのが「居空き」です。あえて人の居るのがわかっている家に忍び込み、こそこそ財産を盗み取る空き巣のことをいいます。

留守ではないということは危険が無いように見えますが、人の居る家ならば鍵があいていたり、ホームセキュリティシステムが作動しなようにしてあるなど、忍び込むには好都合といえます。何より人が家に居る、ということは財布がおいてある、つまり「現金がある」ということですから、確実な利益にも繋がります。

居空きが狙うのは主に一軒屋です。大きな家の割りに家族が少ない、または老人がひとりで留守番しているような家がターゲットとなります。二階にいたり、一階で大音量でテレビでも見ていればなおさら好都合です。庭の草むしりの最中でもいいのです。一人暮らしのアパートやマンションでも、風呂の最中や睡眠中に忍び込まれる例はあります。何よりも怖いのは、家人がいることを知った上での犯行ですから、見つかれば容易に居直り強盗になってしまうことです。在宅していても、鍵を開けっ放し、セキュリティシステムが作動していないなんてことはないようにしましょう。

プロの仕事は15分間

空き巣家業で大切なのは「最初の5分間」だそうです。5分以内で窓やドアを破り、中に侵入できなければあとの仕事にさしつかえます。だから5分間で侵入できないホームセキュリティシステムを常備していれば、空き巣も諦めてくれる確率は高いといえます。

5分以内に家に侵入した空き巣は、全神経を集中させて金品のを探します。その間わずか、5分から10分だそうです。手馴れた空き巣ほど、金のありかに敏感なのです。一般人ならば財布や通帳のありかと言えば服のポケット、仏壇や台所のタンス、といったところしか思い浮かびません。証券や保険証書などのような、高額で滅多に使わないようなものは、意表をついたところに隠している人も多いでしょう。しかし、空き巣はそのようなところからも微かにただよう「財産の匂い」をかぎつけ、あっさり盗みだしてしまうのです。

しかも「意表をついたところ」に隠した財産は、家人が毎日毎日点検するわけでもありませんので、発覚が数日後になってしまうことすらあります。当然、空き巣はとっくに逃げたあとです。防犯装置が作動すれば警備員が訪問するようなセキュリティ会社の場合でも、通報があってから現場到着までは「25分以内」とされています。つまり、この間に仕事をすませればいいのです。

空き巣の道具

どんなに優れた空き巣であっても、手ぶらでは仕事はできません。空き巣は人目につかない、安価に手に入る、そして何より持ち運びしやすい小さな道具を数々使ってドアを破るのです。空き巣が持ち運びしているのは、たとえばこのような物です。

  • ロープ
    侵入や逃走の際の足がかりにする。いざと言う時は、家人を縛り上げる
  • ドライバー
    ドアや窓の孔子をはずす時に使う。
  • バール
    ドアや金庫の隙間に差しこみ、むりやりこじ開ける
  • アイスピック
    窓ガラス破りの際に使う。いざと言う時は武器にする
  • ライター
    ガラスを熱の差で破る「焼き破り」に用いる。
  • タオル
    「焼き破り」で、熱したガラスを冷やして割る時に用いる。 指紋を拭き消すことも。
  • ガムテープ
    ガラスを割る際に窓に貼り付け、破片が飛び散ったり音がしないようにする。いざと言う時は、家人を縛り上げる。
  • 手袋
    指紋を残さないためにはどうしても必要。
  • ビニール足袋
    足跡を残さないための必需品。
これらの道具は、戸外のホームセキュリティを壊す時にも使えます。

犯行当日の行動

まず空き巣は、ポストと洗濯物を見ます。何日分もの新聞や郵便、ビラがたまっていれば何日も留守の証拠ですので安心して仕事ができます。この街を郵便の配達人が回ってきたのは午後二時過ぎなのに、四時になってもポストの郵便を取りに来る気配が無い、いい天気で洗濯物はカラカラに乾いているのに取り込む気配が無い、もう日が暮れたのに、布団が干したままなども留守の証拠ですね。

ホームセキュリティは機械の設置にとどまらず、日頃の生活にも注意すべきです。こんな簡単な日常の風景からも情報は漏れてしまうのです。

そして空き巣は最後のチェックをします。あらかじめ盗み出しておいたポストの郵便物から電話番号を割り出し、公衆電話で電話をかけるのです。留守であればオンの字。電話番号がわからない場合は、窓に小石をぶつけるかチャイムを鳴らして反応を確認します。運悪く住人が出てきたなら、新聞勧誘員のふりでもしてごまかせばいいのです。新聞勧誘員は「あやしい」人間が多いので、身ぎれいな空き巣と見分けがつきません。

空き巣は同じ家に入る

空き巣は一度忍び込んだ家に再度忍び込むことがあります。一度忍び込めばその家の間取り、家族構成、ホームセキュリティシステムの設置場所、金のありかなどがわかるからです。さらに二度目なので手際も良いのです。いくら家側が鍵を換えたり、貴重品の置き場所を変えたにしても、経験豊かな空き巣は見破ってしまいます。

空き巣の侵入の手口に、ドアの隙間にバールを差し込んでむりやりこじ開けるものがあります。これの被害にあうとドアは歪んでしまいますが、そのドアを付け替えずに無理やり使用している家があります。これでは最初に入られた空き巣はもとより、すべての空き巣に「うちは入られました」と言いふらすようなもの。スキがあると判断される可能性が大きいので、絶対にドアは換えてください。

空き巣は用意周到

空き巣が初めてやってきた街ですぐさま「仕事」をするということはまずありません。まず街をくまなく歩き回り、金がありそうで侵入しやすく、なおかつ逃げやすそうな家にあたりをつけます。そして何度も下見に来て、その家の家族構成、家族の一日の行動パターンを把握します。

同時に外から見てわかるホームセキュリティシステムも調べます。本職の空き巣ならば玄関上に置かれた防犯カメラが本物かイミテーションか瞬時に見破るそうです。

空き巣は身なりがいい

大抵の「あやしい人間」は、怪しまれないように整った身なりをしているものです。外回りのビジネスマンを装い、ビシッとスーツ、までは行かないものの、他人から見て好印象を持たれる身なりをしています。整った身なりで街をうろついても怪しまれません。職務質問されてもいくらでも言い逃れできます。家やマンションの部屋に忍び込もうとして怪しまれた際にはすばやく手近の表札を見て、「知り合いです」などと言えばいいのです。

内面は顔かたちはともかく、身なりなどいくらでもかえられます。しかし、ホームセキュリティシステムの「機械の目と耳」はごまかせませんし、体温まで隠すことはできません。

空き巣が嫌う「目、光、音」

空き巣が恐れるのは、何といっても視線、光、音です。実際の人間の視線は言うまでもありませんが、防犯カメラも絶大な威力を発揮します。本体の価格が3万円程度の本物の防犯カメラ以外に、昨今では数千円程度で買えるニセの防犯カメラ、「ダミーカメラ」というのもあります。

丹念に見れば本職の空き巣には見破られてしまいますが、こういうものが存在する事自体、視線を恐れる空き巣の心理が見て取れます。

次に光。光は暗闇の空き巣を照らすサーチライトの光です。まして空に太陽が光り輝いている時間ならば、空き巣の姿などたちどころにわかってしまいます。

そして音。音は警報機の音であり、空き巣を見つけて騒ぎ立てる声であり、激しく吠え立てる番犬の声です。

ホームセキュリティシステムは、これら空き巣が嫌がるものを最大限に生かして住宅を侵入から守るのです。しかし空き巣を守る音もあります。周囲が騒がしい場所であると住んでいる人間はその音にのみ気を取られてしまい、空き巣がドアをこじ開け、タンスをあさっても何も気がつかないことがあるのです。

Copyright © HomeSecurity.navigation. All Rights Reserved.

Home

セキュリティの基礎知識

セキュリティの選び方

セキュリティが必要な家

落とし穴

家庭の防犯グッズ

窓のセキュリティ

空き巣の心理

被害にあいにくい家

被害にあったら



[PR]