HomeSecurity.navigation.

窓のホームセキュリティ

窓破りの手口

一戸建ての建築の場合、侵入者は玄関ドアから正々堂々と入るよりも、裏の小窓など、窓ガラスを破って入り込む場合が多いです。昨今のピッキング流行によって、玄関のドア破りに関してはある程度のセキュリティ対策がなされるようになりましたが、窓ガラスのセキュリティはどうでしょうか?窓を守ってこそ、真のホームセキュリティではないでしょうか?。

そもそも玄関ドアのピッキングやサムターン回しは、ある程度の熟練した技術が必要です。しかし窓破りは石一個あれば簡単、大きな音を出したくなければガラス切りや熱を使って鍵周りを小さく破り、手を入れて鍵を回してしまえばいいのです。侵入によく使われるガラス割りの手口には、次のものがあります。

  • 焼き破
    鍵そばのガラスをライターでしばらくあぶり、ガラスが熱くなったところで塗れタオルを当て、熱の急激な変化でガラスを割る。ライターは持っていても怪しまれないアイテム。
  • 三角わり
    鍵そばのガラスを、ドライバーでこじるようにして割る。割れた穴が三角形になるのでこの名前がつけられました。
  • 打ち破り
  • ハンマーや石などでとにかく打って破る。大きな音がしてもかまわない、荒っぽい侵入方法です。
トイレや風呂場など、家の裏手にある窓が狙われる可能性が高く、特に風呂場は使わない時は人が居ないため、窓破りに好まれる侵入路です。

窓格子

狙われる可能性が高いトイレや風呂の窓ですが、これを見込んで格子を張り巡らせている家やマンションも多く見受けられます。しかし、格子さえあればホームセキュリティとして万全とは言えません。

質の悪い格子の中には、成人男性がぶら下がれば体重で外れてしまうという物もあるといいます。それに、しっかりボルトで固定してあっても「外つけ」であれば、工具を持った侵入者に簡単に取り外されてしまいます。格子は内側からはめ込んだものか、壁に埋め込んであるものが防犯上の前提です。

もしも格子が外つけであれば、ボルトの頭を潰してはずせないようにするなどの工夫が必要です。風呂場の格子つき窓は、湿気を逃すために開けっ放しにすることがよくありますが、これも危険な行為です。空き巣が風呂場の窓から覗いて留守かどうかを伺っているかもしれませんね。湿気は換気扇で抜くことをオススメします。

破られにくいガラス

今では、窓が破られれたり勝手に空けられたりすると、振動、または大きい警報音が鳴るようなセンサーもあります。ですが、やはり最初から破られにくいガラスを用意した方が費用の面でも良いです。窓のホームセキュリティを万全にしましょう。

一般家庭のガラスは、ハンマーやドライバーで簡単に割れるようなものがほとんどです。中に金網を入れた「網入りガラス」というのがありますが、これは戦時中の紙テープ張りガラスと同じで単に「破片が飛び散りにくい」というだけです。簡単に割られ、金網の面からガラスがはがれていきます。「ペアガラス」といって、ガラスを二つ重ねて間に空気を入れたものは寒冷地の保温用であり、耐久性はありません。

割れにくいガラスは、「あわせガラス」と言われるもの。これは二枚のガラスで透明な樹脂や強化膜を挟んだものです。高価ではありますが、ハンマーの打ち割り、ドライバーの突き破りにも強いものです。特にプラスチックとガラスをあわせた「ラミネートガラス」は非常に強靭です。ガラスを取り替える余裕が無い場合は、窓ガラスに強化フィルムを貼り付ける手段もあります。

Copyright © HomeSecurity.navigation. All Rights Reserved.

Home

セキュリティの基礎知識

セキュリティの選び方

セキュリティが必要な家

落とし穴

家庭の防犯グッズ

窓のセキュリティ

空き巣の心理

被害にあいにくい家

被害にあったら



[PR]