HomeSecurity.navigation.

ホームセキュリティが必要な家

老人の一人暮らし

やはりいつの時代も弱いものが狙われます。空き巣が狙う家もきっとそうだと思います。そう考えると抵抗できない一人暮らしの老人宅は危険ではないでしょうか。

そのようなことを考え、一人暮らしの老人宅はホームセキュリティシステムを導入すべきです。身に着けた無線式の非常ボタンを押すタイプのセキュリティシステムがありますので、こちらを導入されるといいと思います。ボタンを押すと自動的に指定先に電話がかかり、さらに玄関に掲げたランプが赤い光を放ち、あなたの危険を戸外に知らせてくれます。

認知症のお年寄りを抱えた家庭

ホームセキュリティのシステムは、大抵の場合は入り込む者を監視するための設備ですが、出て行く者を監視するためにも効果的です。それがこの認知症のお年寄りを抱えた家庭なのです。

認知症にともなってあらわれる様々な記憶障害や行動のなかに、徘徊があります。過去の思い出を急に思い出し、何十キロもはなれた目的地に行こうとすることです。そして徘徊は昼夜問わず突然現れるので、家族は気の休まる時がありません。

このような場合、赤外線センサーを玄関に取り付けてみる方法もありますが、これでは感知した時の音が大きすぎ、お年寄りを怯えさせてしまう問題もあります。そこで、コンビニエンスストアなどでよく使われている来客チャイムを導入されることをオススメします。

それでも安心できない場合は「警備会社のセキュリティ」、つまり警備員が実際に出動してくれるセキュリティ会社に相談されてみてはいかがでしょうか。お年寄りにお守り袋に忍ばせた送信機を持たせ、あらかじめ配線工事を施した戸口や玄関からお年寄りが外出すればセンサーが反応、職員がお年寄りを探し出してくれるという「徘徊センサー」というシステムもあります。しかし、これは設置するのに80万円から150万円かかり、高価なのが難点です。

最後に大切なことですが、お年寄りに徘徊の心を起こさせない環境つくりが一番大事です。部屋の照明を強い光から淡い光に変えたり、ラベンダーなどの芳香がするぬるめのお風呂に入れ、リラックスさせれば徘徊行動に出にくいそうです。ご家庭でも十分にケアしてあげ、どうしても難しい場合や家族の大きな負担になるようでしたらシステムに頼ってみるのも考えていいかと思います。

農家

農村は人の出入りが少ないように見えて、案外人の行き来は多いです。アルバイト雑誌を手にとってみれば、「リゾートバイト・高原野菜収穫・日給6500円」などといったものが目につくでしょう。その農家が雇うバイトには特別な資格や人物調査が必要なわけでもないので、不埒な人間が紛れ込むことも充分可能です。そのようなものが食事や入浴で母屋に上がりこんだとき、金銭の隠し場所を目にしてしまうこともあるかもしれません。その年はおとなしくアルバイトして、翌年こっそり盗みに入るということも充分ありえるのです。

まして農村は母屋に鍵をかける習慣が無く、門や塀も無く、農繁期であれば夫婦は畑、子供は学校で家の中は留守が多くなり、盗み出すのは簡単です。そしてここ数年世間をにぎわせる果物泥棒の存在も厄介ですね。

ホームセキュリティ対策として一番簡単なのは犬を買うことですが、広い敷地や畑ごとに番犬を飼うのも大変です。遠隔式の赤外線センサーがありますので、これを利用されるのもオススメです。

セキュリティ導入率が高い地域

現在、都内の高級住宅街では大抵の家庭が何らかのホームセキュリティ、セキュリティ会社との契約をしているそうです。

そのような家には門柱にセキュリティ会社名を示した赤いプレートが表記されるものですが、通りにそのような家々がズラリとならぶ中に、一軒だけセキュリティシステムが導入されていない家があればどうでしょうか?街に下見に来た空き巣がどのような家を狙うか迷っている中で、一番安全そうに見える家を狙うのは当然です。たとえ盗まれて困るようなものが無くとも、周囲にあわせてホームセキュリティシステムを導入するのがいいかと思います。

神社仏閣

神社仏閣はセキュリティシステムを導入すべきだと思います。歴史のある神社仏閣は建築そのものが偉大な芸術品であり、中には貴重な仏像や彫刻、経典が納められています。もしも侵入されて盗み出された場合、その損害はその神社仏閣にとどまらず、地域全体、ひいては日本全体の損失です。

最近では、全国の神社仏閣に収められた「ご神体」「極東アジア伝来の経典や仏画」を専門に盗み出す東アジア系外国人窃盗団の問題があります。彼らにとってはこれらの品は時代、来歴にかかわらず盗み出します。そして本国に逃げ込まれれば捕はかなり難しくなってしまうのです。

それでなくともお寺は墓地や戒名付け、檀家さんからの寄付でかなりの財産があると思われています。小さな神社でも、賽銭箱がありますね。盗みの対象として見られる場合もあるでしょうし、神社などは昼でも人がおらず、市街地から離れていて人目につかない、そして木造建築で火がつけば盛大に燃え上がるというところから放火のターゲットにされる可能性も無いとは言えません。

神社仏閣は、セキュリティシステムを導入して欲しいと思います。最近では侵入者があれば即座に赤外線で察知し、自動的に携帯電話に通報してくれるホームセキュリティシステムがありますので、これが無人の神社仏閣にはいかなと思ます。

ちなみに鎌倉の大仏様には、夜になれば赤外線センサーが常備されております。国宝でなくても、あなたの街の神社仏閣は祖先から受け継いだ宝です。 ホームセキュリティで大事に守り、未来へ受け継ぎましょう。

工事現場

工事現場は人の出入りが激しく、騒音や工事内容によって周囲に気を配ることが難しいものです。最近は金属の盗難も多発しており、気をつけなければなりません。さらに大型工作車両や重機は「大きい」から盗めないだろうと、鍵をつけていないところもあるそうです。

面積が広く、夜間は人が居なくなる工事現場には、赤外線を利用した遠隔監視のホームセキュリティシステムがいいでしょう。

会社経営者宅

会社経営をしている方全部がそうではありませんが、やはり財産を持っている方の住宅は豪華なものが多いです。そしてその家を空き巣が見逃すはずはありません。そして会社経営をしているなら重要な書類など、たくさんのものがあるかと思います。

なので、会社経営宅にはホームセキュリティシステムはぜひとも必要だと思います。

下町の豪邸

マッチ箱をならべたような、小さな木造の家々がギッシリと重なりあう居心地の良い下町。そんな中に、豪邸があれば凄く目立ちますよね。空き巣は真っ先に目をつけるでしょう。

盗みを避けるには、目立たないようにするのが良いのですが、難しいようなら念のためホームセキュリティシステムを導入しておくことをオススメします。

Copyright © HomeSecurity.navigation. All Rights Reserved.

Home

セキュリティの基礎知識

セキュリティの選び方

セキュリティが必要な家

落とし穴

家庭の防犯グッズ

窓のセキュリティ

空き巣の心理

被害にあいにくい家

被害にあったら



[PR]