HomeSecurity.navigation.

ホームセキュリティの選び方

ホームセキュリティを選ぶポイント

さて、自宅のセキュリティ手段として、近年注目を集めているホームセキュリティや防犯・ネットワークカメラ。

ホームセキュリティは万一の危機に備えるサービスです。留守時の防犯、火災発生の感知、万一の際の非常通報といった基本機能はもはや当たり前になっています。もちろんそれに加えて防犯グッズや防災グッズを備えておけばより安心です。年々凶悪化、巧妙化していく犯罪に対抗するために、ホームセキュリティに求められる重要なポイントをご紹介します。

このホームセキュリティはテレビCMなどでも名が知られる超大手だけではなく、地元の警備会社などでも取り扱っているところがあります。地域によって、同じ会社でも小回りのきき具合が違うので、どちらがいいとは一概には言えません。

ホームセキュリティ選びは、あなたの財産を守るための大切な選択ですからいきなり一社に的を絞って決めるよりも、数社から話を聞いたり資料を取り寄せたりしてじっくりと比検討してみることをオススメします。

ホームセキュリティ選びでもっとも大切なことは、なんといっても「どれだけ早く来てもらえるか」です。どれだけ他の点がすぐれていても、この点がまずクリアできていなければアウトなのです。なぜかというと、空き巣狙いなどはスピード勝負。ほとんどの空き巣は、ほんの10分足らずで作業を済ませるからです。なので、機械警備通報があってから到着までに15分も20分もかかるような状態では意味がありません。警備員が現場に到着したが、既に犯人は逃げていたというケースも少なくないのです。

ですから、まずは待機所が近くにあり、迅速な対応をしてくれるところを選びましょう。目安としては、いくら遅くても10分以内、できることなら5分以内の現場到着が可能なところです。また、ひとつの待機所から同時にどれだけの現場に駆けつけられるかも大きなポイントです。たとえば、一待機所につき一軒のトラブルにしか対応できないようでは、もし同地域で同時に複数の通報があったりすると対応しきれません。この点のフォロー体制がどこまで整っているかも大事です。

対応と到着スピードが同様のレベルであれば、あとはサービス内容や料金、補償の範囲などといったところの比較となります。たとえば、月々の基本料金が同じレベルでも、現場への駆けつけが発生した場合の料金、メンテナンスの料金などによって実質的な負担は大きく異なってきます。あと、意外と誤解されがちなのですが、基本的にはホームセキュリティ加入=被害の補償ではありません。「空き巣の被害にあったから被害分を全額補償」というありがちなトラブルです。これは、警備会社になんらかの過失や不備でもないかぎり、まずほとんどの場合補償されません。それでもこ補償範囲は各警備会社によってある程度幅がありますので、補償範囲はかならず書面で確認しておきましょう。

あと、これはすべてのホームセキュリティに言えることですが、たとえ現場で犯人とハチ合わせになったとしても、警備員が身の危険をおかしてまで犯人と戦ってくれるわけではありません。このあたりも結構誤解されがちなポイントですのでよく理解しておいて下さい。

ホームセキュリティって意味がないように聞こえるかもしれませんが、私はホームセキュリティそのものはけっして無意味ではないと思っています。ただ、ホームセキュリティの目的は「犯人が入ってきたら捕まえて奪われた金品を取り返す」ではなく、「犯人に警戒させて未然に被害を防ぐ、仮に入ってきたとしても、犯人に好き勝手やられてしまう前に駆けつけてもらう」ということだと思っています。ホームセキュリティに加入している家と、そうでない家はどちらが狙われやすいかは言うまでもないでしょうし、犯人を捕まえることはできなくとも、早く駆けつけてもらえばそれだけ犯人は早く現場から去りますので、被害があっても最小限にとどめることができるというわけです。防犯カメラやネットワークカメラの設置も、犯人を捕まえる手がかりにするのはもちろん、防犯カメラやネットワークカメラが設置されている家には警戒して泥棒が入りにくいという効果があるからです。

ホームセキュリティは、けっして「完璧なセキュリティシステム」というわけではありませんが、「セキュリティ対策の大きな柱のひとつ」にはなってくれるでしょう。ないよりはあった方が安全性は高くなるというのは決して間違いないといます。

契約する際の営業マンの態度によく注意してください。

  • 「強烈に危機感をあおり立てる」
  • 「すぐに印鑑、申込書を欲しがる」
  • 「他社の悪口を言う 」
  • 「断ると、すぐに多額の値引きを口にする」
  • 「断っても断っても、次々と違う人が来る」
  • 「契約後は一度も姿を見せない」
どんな製品の営業マンにも当てはまることでしょうが、これらの態度が見られたらホームセキュリティの契約はお止しになったほうがいいでしょう。何社とも話を訊いた上で見積もりを出してもらい、あなたが見極めた会社と契約してください。そして「警備してもらっても盗みに入られたら」という、最悪の状況に遭遇した際の保障に関しても、充分に話し合うことをお勧めします。

Copyright © HomeSecurity.navigation. All Rights Reserved.

Home

セキュリティの基礎知識

セキュリティの選び方

セキュリティが必要な家

落とし穴

家庭の防犯グッズ

窓のセキュリティ

空き巣の心理

被害にあいにくい家

被害にあったら