HomeSecurity.navigation.

盗難にあったら

自身で守る

注意していたのに空き巣に入られた場合、すぐ警察に走るるのは当たり前だとしても、犯人が捕まるまで祈っていればいいというものではありません。泣き寝入りはもっといけません。

あなた自身が行わなくてはいけないのは、財産の流出を防ぐことです。あなたがオロオロしている間に、空き巣は何食わぬ顔で堂々とあなたの預金をひき下ろしているかもしれないのです。

それを防ぐためには、侵入されても盗まれなければいいのです。盗まれても使われなければいいのです。そのために、財産の良い隠し場所を各自熟考し、把握しておくのです。

ホームセキュリティは、守ることだけではありません。あざむくこともホームセキュリティです。

隠し場所は熟考すること

常日頃から個人情報を世間に知らせない、注意深い生活を守り、家の周囲に防犯の備えは欠かさず、家族総出で注意深い生活を守っていても、絶対に空き巣に入られないという保障はありません。盗まれるときは盗まれるのです。

では、盗まれたあとでどのような災難が降りかかるのでしょうか。盗まれた身分証明書からカードローンで大量の借金、携帯電話の契約など、単に盗難で失った財産のみならず大量の負債を抱えることにもなりかねないのです。

身分証明書、銀行の通帳、権利書、証書、印鑑などは必ず「意表をついた場所」たとえばカバーつきの本の中、布団の中などに隠しておけばいいでしょう。引き出しのなかなどはいかにも在り来たりですし、ついつい重要なものをまとめて入れてしまい、盗難の被害を大きくしてしまうのです。紙でできたものは、紙の中に隠せばいいのです。

「守る」のがホームセキュリティならば、「隠す」のもホームセキュリティです。ただ、ゴミと間違えて捨ててしまわないように。

暗証番号は特に気をつける

現代人は、カード類無しでは暮らせません。銀行のカードにカードローン、クレジットカード。これらは持ち運びが簡単な上に、機会を使えば印鑑や対面なしで現金を引き出せる便利なものですよね。

ここで問題になるのは暗証番号です。言うまでもないことですが、暗証番号は「生年月日」、「電話番号」のような、在り来たりのものは絶対に使用しないでください。このような安易な番号を使用すれば、同時に盗み出した身分証明書や手紙などで容易に空き巣に知られ、思う存分使われてしまいます。

盗難の場合、カード会社によっては保障してくれる場合もありますが、番号が安易だと「そちらのミス」と見なされ、自己負担になってしまう可能性も大きいのです。

ホームセキュリティは「盗まれないため」のものですが、「盗まれた後」のことにまで留意するべきです。とにかく、番号は意表をついたものを使ってください。「中学校時代ひそかに憧れていた女先生の誕生日」くらいのあなたにしかわからない番号がきっとあるはずです。

タンス預金は厳禁

ホームセキュリティの基本として、家に高額な現金を置かないで下さい。現金は一番盗みやすく、足がつきにくいものです。それに紙幣などは、火事にあえば焼失は免れません。必ず銀行や郵便局に預けて下さい。銀行の倒産や取り付け騒ぎが怖いというのなら、いくつかの銀行や郵便局に分けて預けると良いでしょう。

面白いもので、タンス預金をしているような人はそれを知人に見せびらかす例があります。以前埼玉県で悪徳リフォームの営業マンが女友達二人にタンス預金を見せびらかし、結果盗み出された挙句札束を畑に捨てられたという事件がありました。宝物が手元にあればどうしても見せたくなるものです。手の届かないところに置いておけば、そのようなこともなくなるはずです。

金庫も有効です

期間留守にするような仕事で盗まれたら困るようなものをたくさん持つ人は、金庫を備え付けておくのが安心です。しかし「手提げ金庫」ではドロボウにあっさり持ち逃げされてしまいますから、重さ60キロはある大型のものを備えつけておきましょう。これでは一人ではとても動かせないし、何人かで運び出そうとしても目立ってしまうので運び出すことは難しいです。金庫の鍵は、暗証番号が4桁以上のものが安全でしょう。

金庫が買えない、金庫を置く場所がない、と言う人は、貸金庫がお勧めです。大手の銀行の本店、支店、いずれにも貸金庫サービスがあります。小型金庫で年間使用料は2万円以内。契約時は銀行の営業時間中、免許証やパスポートで本人確認を行います。しかし、毎回の利用時には専用カード、暗証番号、鍵がそろっていればそれ以上の本人確認はありません。したがって、利用者がこれらの管理をおこたって盗難などを受けても、金融機関の責任は問えないのです。また、もし銀行が倒産しても貸金庫内の財産には何ら損害は出ません。

「ホームセキュリティ」は家庭の防犯。しかし、たまにはよそを頼ることも必要なのです。

被害を取り戻す

オレオレ、振り込め詐欺の横行により、現在では多額の現金は自動払い戻し機では引き出せないようになりました。200万円以上の現金は、窓口で本人確認をしなければ引き出せません。

しかし、もしも銀行の通帳、印鑑、身分証明証をそろって盗まれ、それで多額の現金を引き出された場合はどうなるのでしょうか。

取り乱したりせず、まず銀行に行って、不正引き出しがあったことを窓口で伝え、取引履歴を出してもらいます。それにより、どこの支店で、いくらの払い戻しがあったかがわかります。さらに、被害状況を聞き、可能ならば払戻請求書と印鑑票の写しをもらってください。2007年三月に金融庁が発表した資料では、盗難通帳による不正払戻のうち、2割が被害回復されたとのことです。銀行が非を認めれば回復できるかも知れません。銀行がしぶる可能性もありえますが、そのときは取引履歴と印鑑票の写しと払戻請求書の写しを持って(それらの資料が入手できなかったらその旨も伝えて)、預貯金過誤払被害対策弁護団に相談してみましょう。火災保険(住宅総合)に入っているならば、保険会社で200万円まで補償してもらえるそうなので、問い合わせてみてください。(盗難届の受領番号と銀行で被害が証明できれば迅速に対応してもらえます。

もしものことがあったあとでも諦めず、財産を取り返すのもホームセキュリティのうちです。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2016/10/11

Copyright © HomeSecurity.navigation. All Rights Reserved.

Home

セキュリティの基礎知識

セキュリティの選び方

セキュリティが必要な家

落とし穴

家庭の防犯グッズ

窓のセキュリティ

空き巣の心理

被害にあいにくい家

被害にあったら



[PR]